日進月歩の脂肪吸引

Pocket

これまで、さまざまな脂肪吸引の手法が生まれてきました。基本的には麻酔をした上で、麻酔薬などを希釈したチューメント液を注入して脂肪を吸引しやすい状態にした後、カニューレと呼ばれる管を用いて脂肪を吸引します。この過程は、多くの技法において共通しています。しかし、技術の発展によって、この脂肪に対する処置とカニューレにおいて、さまざまな工夫が施されるようになったのです。手法によっては身体への負担が少なくなるものもあります。

いくつか例をあげるなら、超音波を用いるベイザー、ウルトラゼット、ライポマティック、ジェット水流によるボディジェットに、チューメント液を用いずに、高速で振動するカニューレで行われるPALなどです。実施している方法はクリニックによって変わります。施術にかかる料金にも影響するため、希望する方法があるならクリニックを選ぶ際に確認した方が良いでしょう。

麻酔も局所麻酔で施術するクリニックもあれば、全身麻酔を用いるところもあります。痛みや恐怖感などは、麻酔の方法によって変わるため、この点を考慮して麻酔の方法でクリニックを決めても良いでしょう。どこを選んでも、少なくないお金と手間を要するのが脂肪吸引です。納得のいくクリニックを探しましょう。

管理人